ドローンビジネスの安全・安心トータルサポートサイト!無人航空機の飛行に関する許可・承認など各種申請代行なら樋口達哉行政書士事務所にお任せ!

HOME » お知らせ

お知らせ

ラーメンの汁もこぼさず運ぶドローン

2019/12/10

「ラーメンの汁もこぼさず運ぶ」国産ドローン起業家が中国を狙う理由
┗ ―――――――――――――――――――――――――――――――――
産業ドローンの普及を目指して機体を開発するスタートアップが、エアロネクストです。

同社は中国・深センにある南方科技大学のロボティクス研究院と提携し、中国展開を強化しています。

すでに中国の大手ドローン企業との提携も果たしている同社ですが、中国進出を狙う同社のねらいとは??

https://diamond.jp/articles/-/221870

測量CADシステム

2019/12/09

測量CADシステム「TREND-ONE(トレンドワン)」、DJI社のドローン飛行・
┗■ 撮影を制御するデータ連携を強化!
┗ ―――――――――――――――――――――――――――――――――
建設業向けCADメーカーの福井コンピュータ株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:杉田 直)では、測量CADシステム「TREND-ONE」で計画したUAV測量の飛行・撮影制御データを、DJI JAPAN株式会社(本社:東京都港区)のドローンの自動飛行を制御するアプリ「GS PRO」に連携し、より効率的にUAV測量を実現する機能強化を図りました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000048160.html

全都道府県に消防ドローン配備

2019/12/08

日本政府、全都道府県に消防ドローン配備!緊急時の活躍に期待
┗ ―――――――――――――――――――――――――――――――――
政府は、浸水地域の救助に役に立つ水上バイクの配備も同時に進めていく方針です。

これらは2019年度補正予算案と20年度当初予算案に経費を計上するとの事です。

https://viva-drone.com/drone-firefighter-2019/

 

ドローン機体情報、登録義務に★

2019/12/06

ドローン機体情報、登録義務に。対象は200グラム以上。
┗ ―――――――――――――――――――――――――――――――――
近年、農業やインフラ点検でのドローンの普及が進んでいます。その流れに伴い、日本政府はドローンの機体情報の登録を義務付けるという方針を固めました。

登録番号を機体に明示する事や航空法の改正を含め、トラブルや事故に対応しやすくなるドローンの制度設計を来年から進めていく考えです。

ドローンの機体情報の登録が義務化されたあとは、所有者や操縦者の名前と住所、ドローンの製造者名や型式、製造番号、機体の重さなどを登録しなければドローンが飛ばせなくなります。

すでに使用されている機体や海外製品なども対象。登録はオンラインで受け付けをし、登録内容や抹消の手続きも必要になる予定、200グラム以下の機体については義務化の対象外とされています。

https://viva-drone.com/drone-registration-200g/

建設・土木業界のドローン活用

2019/12/05

調査・測量・施工管理で大活躍!建設・土木業界のドローン活用
┗ ―――――――――――――――――――――――――――――――――
ビジネスの領域で広く使われるようになったドローン。

なかでも、人手不足が深刻な課題となっている土木・建設業界において、その活用が推進されています。

そして、土木・建設業界でのドローン活用において、さまざまな取り組みを掲げているのが国土交通省。

民間企業とタッグを組みながら、「調査・測量・設計」「施工」「維持管理」それぞれの領域で、システムの開発や試行工事の実施、基準改定に向けた協議などが行なわれており、ドローンが積極的に活用されています。

https://viva-drone.com/drone-surveying-2019/

ドローンジェニックな旅をしよう

2019/12/03

浜名湖畔遊園地や絶景庭園美術館でドローン撮影会!講習費もドローン
┏┓ 講習費もドローンレンタルも無料の『ドローンジェニックな旅をしよう in
┗■  静岡県』参加者募集開始
┗ ―――――――――――――――――――――――――――――――――
静岡県広聴広報課は、ドローンの映像や写真を活用して県の魅力を国内外に発信するため、11月7日(木)及び12月7日(土)に初心者でも楽しめる無料ドローン撮影会企画『ドローンジェニックな旅をしよう in 静岡県』を開催することを発表、参加者を募集開始しました。

本撮影会は、ドローン未経験者にも楽しめるよう空撮ドローンの無料レンタルを行うほか、「地域創生×ドローン」をテーマに空撮やドローンパイロット教育、ドローン空撮ツアー等を展開する株式会社Drone motionが講師を担当し、基本レクチャーや撮影指導を行います。

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000013.000037897&g=prt

UAVレーザを活用した砂防堰堤の3次元起工測量

2019/12/01

テラドローン、UAVレーザを活用した砂防堰堤の3次元起工測量を国土交通省
┗■ 発注工事にて初実施 i-Construction(アイ・コンストラクション)を推進
┗ ―――――――――――――――――――――――――――――――――
テラドローン株式会社は、国土交通省からの発注を受け、自社開発のドローン搭載型レーザTerra Lidarを活用し、福岡県朝倉市にて砂防堰堤の3次元起工測量を初めて実施しました。

これにより、砂防堰堤における工事の正確な施工管理に貢献。

本測量は、樹木伐採前の現場にて実施。ドローン搭載型レーザを活用することで、植生下のデータ(地表データ)も取得することができる。およそ20分の飛行で、
5~7haもの測量を完了させたほか、±10cmの高精度な地表データの取得にも成功しました。

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000149.000020194&g=prt

即位礼及び大嘗祭後昭和天皇山陵及び大正天皇山陵に親謁の儀

2019/11/29

無人航空機ユーザー 各位

平素より航空行政へのご理解ありがとうございます。

本年12月3日(火)、東京都八王子市内の「武蔵陵墓地」において、「即位礼及び大嘗祭後昭和天皇山陵及び大正天皇山陵に親謁の儀」が執り行われます。

同期間中の「武蔵陵墓地」上空は、航空法第132条の2に基づく国土交通大臣の承認を受けた場合を除き、無人航空機の飛行は禁止されます。承認手続きを行うにあたっては、あらかじめ主催者等と調整した上で、東京航空局に御相談下さい。

また、警察庁からの要請により、航空法に基づく飛行禁止区域外の関係地域上空においても、無人航空機の飛行を自粛していただきますようお願いします(具体的な飛行自粛要請地域は以下のとおり)。やむを得ない理由により飛行させる場合には、警視庁に連絡して下さい。

なお、航空法により、上記の期間にかかわらず、空港等の周辺や人口集中地区の上空等の空域は、原則として無人航空機の飛行は禁止となっております。

〇飛行自粛要請地域

東京都八王子市

〇警察の連絡先

警視庁本部 03-3581-4321(内線 63180)

-------------------------

国土交通省航空局安全部運航安全課 無人航空機担当

E-Mail  hqt-jcab.mujin@ml.mlit.go.jp

URL (航空局)http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

(DIPS) https://www.dips.mlit.go.jp/

経済産業省より航空機製造事業許可取得

2019/11/29

スカイリンクテクノロジーズ、経済産業省より航空機製造事業許可取得
┗ ―――――――――――――――――――――――――――――――――
スカイリンクテクノロジーズ株式会社は、9月27日に無人航空機(PPD-150)および航空機(PPD-500)の製造について、経済産業省より事業許可を取得しました。
大手企業を除く、空飛ぶクルマ開発ベンチャーが航空機製造事業の許可を受けるのは国内初となります。

同社は従来の移動手段と比べ高速、かつ自家用車のように自由度の高い移動手段を実現する機体開発ベンチャー企業であり、有志団体である空飛ぶクルマの開発プロジェクト「P.P.K.P」(パーソナルプレーン開発プロジェクト)の幹事企業です。

https://www.drone.jp/news/20191021110041.html

日米、消防署でドローンの配備が進む☆

2019/11/28

消防署でドローンの配備が進む 米国や日本で

┗ ―――――――――――――――――――――――――――――――――
近年、アメリカではドローンを配備する消防署が増加。特に都市部では捜索や救助のサポートが迅速に行えるために需要が高まっています。

例えば、アメリカ国内でも最大規模の消防局の一つであるロサンゼルス消防局では、現在11機のドローン部隊を今後2倍に増やす予定とのことです。

消防署へのドローンの配備は2010年前後から検討されてきたが、飛行エリア制限や使用時の事前申告など法律による規制がネックとなり、なかなか配備が進みませんでした。しかし、2017年のカリフォルニア大火災で、火事が起こっている場所の正確な地図を作るのにドローンが活用され、以降多くの消防署がドローンを配備するようになりました。

また、ドローン使用に関する規制が緩和されたことも、配備が進んだ理由の一つです。

日本では2016年ごろからドローンの本格的な配備が進み、災害時に活用されています。

先日の台風19号による水害でも、被害状況調査でドローンが使用されました。

https://japanese.engadget.com/2019/10/22/drone/https://news.nicovideo.jp/watch/nw6054503?news_ref=60_60

 

お問い合わせはこちら

樋口達哉 行政書士事務所
代表 行政書士 樋口 達哉
所在地 〒300-0335 茨城県稲敷郡阿見町岡崎1-20-1
TEL:080-5582-6959
FAX:029-887-2171
MAIL:info@drone-support.net
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは10時~17時まで

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab